大変お待たせいたしました。新規のご注文受付を再開いたしました。

この度は当店へご来店頂きまして、誠にありがとうございます。
当工房の製作キャパを超えた為、2018年9月下旬頃より新規のご注文受付を停止させていただいておりましたが、
2019年1月21日より再開とさせていただきます。
停止前にご注文いただいたお客様方の製作においても遅れが生じご迷惑をお掛けしましたこと、誠に申し訳ございませんでした。
また、ご購入を検討いただいていたお客様方には受付再開まで長くお待たせしてしまいましたこと本当に申し訳なく思いますが、今一度ご検討いただけましたら幸いです。今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

商品カテゴリ一覧 > コンテンツについて > 高級ブランドの製造委託について

ブランド家具の製作


日本には、20年ほど前までは娘が嫁ぐ時に婚礼タンスを持たせるという習慣がありました。婚礼タンスが立派であることが、親にとってステイタスの象徴。ある意味、その習慣のおかげで日本の家具製造技術は世界中のどこにも負けないものとなりました。

Bridgeの工場は、もともと60年ほど前から婚礼タンスを製作していた工場です。その品質は大川でもトップクラスでしたが、婚礼タンスの習慣がなくなるとともに、現在はその技術を生かし高級ブランド家具の下請け製作を数多く請け負っています。しかしながら、これらの高級ブランドからの要求される品質はとても厳しいものがあります。また、新たな製品の開発においては、非常に難しいデザインの製作依頼もあります。これらをクリアするため、われわれの工場は日々技術を磨いています。


Cassina、Arflex、B&B italiaなどといえば、なかなか一般には手が届かない富裕層向けの高級ブランドというイメージではないでしょうか。われわれの工場が製作をお受けしているブランドは、契約上の問題もあり明らかにできませんが、販売の最前線ではこれらの高級ブランドと同じ土俵で競合しているようなブランドになります。現在は、このクラスのブランド3社から一部の製品の製作をご依頼いただいています。

「家具工房 Bridge」の家具は、これらのブランド家具の製作と同じレベルの品質で製作しています。つまり、CassinaやArflexと比べても、品質ではまったく遜色ありません。高級ブランドは、そのブランドイメージの維持のために巨額の販促費を必要とします。その点「家具工房 Bridge」ではネットによる工場直販ですので、同等のクオリティながらも実際に手が届く価格を実現しているんです。


また、ブランド家具の製作以外にも、下記のように様々なプロジェクトに参加させていただいて製作のお手伝いをしています。






この「ホセリート社」とのコラボの模様は、KBC九州朝日放送のニュースピア「地方のチカラ」というコーナーにて6分間の特集として放送されました。



画像のクリックで、KBC九州朝日放送「地方のチカラ」の動画へリンクします。ぜひ、ご覧ください!
















現在登録されている商品はありません